【ちょっと行きたいこんな店】man in the moon 京都店 @京都

京都駅八条口から徒歩5分 アイリッシュパブ man in the moon を紹介します。
店内には、大型スクリーン3面設置されていて常時スポーツを中心とした放送が流れておりアイルランドの街角にあるパブの雰囲気を感じられるアットホームな感じです。
ドリンクは、生ビール8種類、ウイスキー60種類の他ワイン、カクテル、ソフトドリンクなど多数あります。

 

今日は、サッカーの観戦イベントが開催されていて、マージーサイドダービーというイングランドプレミアリーグのリバプールvsエバートン 伝統の一戦が放映されていました。

リバプールのチームカラーである赤いユニホームを来たサポーターの方が多数来店されていました。

点が入った時は、店内スタジアムのような一体感のある喜びを分かち合えます。

LFC CL写真

オススメメニュー

チキンウイング 10本入り1000円
ちょっと辛めの味付けはお酒のおつまみには最高です。

席など

カウンター4席、テーブル20席。
オーダーは、店の奥にあるレジで先払いです。
お店にはfree-wifiも設置されています。
お友達同士で来られる方や一人でふらっと飲みに来られる方の他に土地柄外国人の方も多く見かけました。

お客さんの中にお誕生日の方がいてこんなおもてなしもありました。

参考写真

お店の情報

関連ランキング:パブ | 京都駅東寺駅九条駅

via PressSync

この記事を書いた人

baychan

「スポーツを通じて世界とつながる」ことや「自分を知る旅」という自分へのミッションを軸に、フットサル、サッカー、サイクリングなどのスポーツと関わる時間を増やすことで、豊かなライフスタイルを送ることを目標に気になることについて書いています。

現在は、東京都を拠点として、各種文献、データ、数値を分析してスポーツの楽しみ方を追求し日々勉強中。
~主な経歴~
<2010年~2013年3月>
Fリーグのフウガドールすみだのコンセプト「キリカエ0秒」や新感覚ディフェンス理論「枝D」内田淳二師範主催のクリニック「なめくり」で3年間指導受け大人でも上達するFootballにおける個人戦術の基本をゼロから学び2013年4月一時卒業。
<2015年1月>
ブラジルサンパウロ州公認フットサル指導者ライセンス取得
<2015年9月>
スペインサッカー協会公認サッカー指導者ライセンスモニトール取得
<2015年10月>
枝D学園所属 背番号21
<2015年12月>
日本スポーツアナリスト協会所属

お問い合わせ

[contact-form-7 id="522" title="コンタクトフォーム 1"]