デンマーク大使館主催クリスマスパーティに参加してきました。

こんばんは。聖なる夜をいかがお過ごしでしょうか?

今年は、自宅でゆっくりとした時間を過ごしながらクリスマスイブを過ごしています。

先日、12月2日(日)デンマーク人の奥様がいる知人からお誘い頂きデンマーク大使館のクリスマスパーティに参加してきました。キラキラとした商業主義とは対象的なシンプルかつ素朴なスタイルで、じんわり心温まるクリスマスを堪能することができました。

日本のクリスマスとは一味違うデンマーク流クリスマスの魅力について、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

デンマークのクリスマスシーズンは?

デンマーク語で、クリスマスは<Jul / ユール>と呼ばれています。12月に入るとアドベントと呼ばれるクリスマスカレンダーで、1日からクリスマスイブの24日まで、毎日カウントダウン式で盛り上げていきます。そして、<Juleaften / ユーレ・アフテン>(24日の夜)が最も重要な日で、家族そろってクリスマスディナーを楽しむそうです。
引用元 ブログ:スピンザアースhttps://www.spintheearth.net/denmark-xmas/

当日パーティーの流れ

駐日大使スピーチ→牧師スピーチ→賛美歌合唱→軽食→クリスマスダンス

クリスマス軽食デンマーク流


【軽食】
奥:たこ焼きサイズでフワフワの食感、<Æbleskiver/エーブルスキワ>と呼ばれジャムなどを付けて食べる素朴な味です。
真ん中:<Joedekager /ユーゥケーア>と呼ばれるシナモン&アーモンド味
手前:クッキー2種類

【飲み物】
<Glogg /グロッグ>と呼ばれるスパイスや刻んだナッツが入ったホットワインで、身体がホカホカと温まる飲み物です。

まとめ

日本にいながら異国の伝統文化を体験し、多くのデンマーク人と交流することでクリスマス本来の楽しみ方を学ぶことができ、駐日デンマーク大使夫妻には改めて感謝したいと思います。

この記事を書いた人

baychan

「スポーツを通じて世界とつながる」ことや「自分を知る旅」という自分へのミッションを軸に、フットサル、サッカー、サイクリングなどのスポーツと関わる時間を増やすことで、豊かなライフスタイルを送ることを目標に気になることについて書いています。

現在は、東京都を拠点として、各種文献、データ、数値を分析してスポーツの楽しみ方を追求し日々勉強中。
~主な経歴~
<2010年~2013年3月>
Fリーグのフウガドールすみだのコンセプト「キリカエ0秒」や新感覚ディフェンス理論「枝D」内田淳二師範主催のクリニック「なめくり」で3年間指導受け大人でも上達するFootballにおける個人戦術の基本をゼロから学び2013年4月一時卒業。
<2015年1月>
ブラジルサンパウロ州公認フットサル指導者ライセンス取得
<2015年9月>
スペインサッカー協会公認サッカー指導者ライセンスモニトール取得
<2015年10月>
枝D学園所属 背番号21
<2015年12月>
日本スポーツアナリスト協会所属

お問い合わせ

[contact-form-7 id="522" title="コンタクトフォーム 1"]